七宝人参

smackweb
アソコの悩みイメージ

精力サプリメントの七宝人参についてチェックしてみました。この七宝人参の成分として配合されているのが高麗人参、田七人参、アンデス人参、砂漠人参、シベリア人参、ブラジル人参、チベット人参の7種類の人参が配合されていることにより七宝人参と名付けられているようです。高麗人参は知っている人は多いと思いますが、他の人参はあまり見慣れないと思います。この7つの人参は男性の精力向上させるのに期待できると言われています。では、七宝人参に配合されている7つの人参について調べていきたいと思います。

まず高麗人参です。高麗人参はウコギ科に属する多年草の植物で、主に中国の北東部やロシアで自生しています。朝鮮人参という名称でも親しまれていて、古くから薬効があることで珍重されてきました。漢方の世界では有名な成分で、滋養強壮の生薬として用いられてきたのですが、日本では御種人参(オタネニンジン)とも呼ばれています。高麗人参には様々な効果があり、免疫力アップやアレルギー症状の緩和、そしてホルモンバランスを整えたり、疲労回復効果も期待できます。特定の症状に効くのではなく、幅広い効能があることから注目されているのですが、精力増強にも効果を発揮してくれます。引用:http://xn--eckva6cc1npa4b.tokyo/hyakka/高麗人参.html

次は田七人参についてです。田七人参は日本人にとってまだ馴染みの薄い成分ですが、約500年前の中国の薬学に関する文献に記載されている非常に古くからある成分です。田七人参末にはどんな効能があるかというと、血液をキレイにして免疫力を高める働きです。糖尿病や高血圧、痛風、高脂血症、貧血などの疾病に効果があると言われていて、他の植物よりもサポニンが豊富に含まれています。精力成分としての効果が期待できるのもサポニンによるところが大きく、精力を増進する力があります。サポニンには血流促進作用があり、血液中に含まれる栄養分を各所にスムーズに届ける働きがあるので、精巣や海綿体への血流が良くなります。十分な量の精液の生成が促進されることから、男性器の勃起力アップにつながるわけです。引用:http://xn--eckva6cc1npa4b.tokyo/hyakka/田七人参.html

次はアンデス人参です。アンデス人参は皆さんご存知かと思いますがマカのことです。マカとは南米のペルーが原産国の植物の名前です。現地では古くから貴重な栄養源の1つとして扱われており、その歴史は2,000年ほど続いていると言われています。現代になってもマカの効果は優れているとされており、日本で精力成分として利用されているように世界各国で重宝されています。マカにはアルギニンという成分が含まれており、このアルギニンは成長ホルモンの分泌を促してくれます。このことでどういう効果が期待できるのか、それは男性機能の強化です。成長ホルモンが分泌されることで男性機能が活発になり、同時にアルギニンが勃起に必要な成分である一酸化窒素の生成を補助してくれるので2つの面から男性にとってありがたい働きが期待できます。引用:http://xn--eckva6cc1npa4b.tokyo/hyakka/マカ.html

次は砂漠人参です。砂漠人参はカンカと呼ばれており、さまざまな病気や健康促進のために用いられている有効成分です。主成分はポリフェノールで、カンカノシドやエキナコシド、アクテオシドといった成分を含んでいます。このうち特に際立っているのは、アクテオシドです。アクテオシドもポリフェノールの一種ですが、強い抗酸化作用を持っており、アンチエイジングや肉体の若返りなどに効果的だといわれています。効果効能については近年の研究では、男性機能の回復や増進にも効果が期待できるようです。ということはつまり、カンカは精力成分としても有力だということです。カンカには血管拡張の作用があるそうです。男性機能を高めるためにはこの血管拡張作用が必要ですが、その作用がカンカにはあるということです。引用:http://xn--eckva6cc1npa4b.tokyo/hyakka/カンカ.html

シベリア人参は、エゾウコギと呼ばれ古くから薬草として知られていましたが最近では医学的にも注目が集まっています。それだけ優れた植物だと推測できますが同時に精力サプリの成分としても使われることがあります。エゾウコギにはサポニンという成分が含まれています。エゾウコギを食べた時に感じる苦みはこのサポニンによるものなのです。サポニンには血流改善効果や滋養強壮効果が期待でき、これが精力サプリにも成分として利用される理由の1つです。たとえば血流改善効果ですが勃起には血流が大きく関わっています。血流がスムーズなほどしっかりと血液が流れ込んで勃起しやすくなるのですが、そこでサポニンが働いてくれる形です。つまりエゾウコギには勃起力の向上が期待できるのです。引用:http://xn--eckva6cc1npa4b.tokyo/hyakka/エゾウコギ.html

ブラジル人参は、スマと呼ばれ300年以上、南米の原住民インディヘナに愛されて来た民間治療薬がスマです。強壮剤、精神安定剤、媚薬、免疫刺激剤など多くの症状に効果があるとされ、現在も使用されています。スマは南米においては中枢神経・生殖器・消化器系の強壮剤として、ヨーロッパでもホルモンバランスを整え、免疫システムを強化し、コレステロールを低下させる強壮剤的な役割を果たしています。合法的な筋肉増強剤、体力強化剤としてロシアのオリンピック選手が使用していることでも知られています。引用:http://health-good.jp/suma-biyo-horumon/

チベット人参は、紅景天・ロディオラロゼアと呼ばれ、数千年前にもさかのぼる歴史のなかで記述が残っています。西暦77年、ギリシャの医師ペダニウス・ディオスコリデスは、古典的な医療本草書「ギリシア本草」をまとめたました。その中にローディアリザ(紅景天のこと)と呼ばれる植物の医療用途を記録したとされています。利点は、糖尿病患者の血糖値を調節し、環境毒素から肝臓を保護するための聴覚を改善する能力などが分かっています。脂肪分解プロセスを活性化し、ダイエットのための体の自然な脂肪燃焼システムへの脂肪組織からの脂質を消費することが示されています。また、臨床的に甲状腺機能亢進症を引き起こすことなく、甲状腺機能を高める胸腺機能を強化し、保護したり、加齢に伴って発生した退縮を遅らせることができるとされています男性の勃起不全および早漏を改善することが示され、それらの前立腺液を正常化するさようがあるようでうす。引用:http://滋養強壮人参.com/rhodiolarosea/rhodiolarosea-effcts/

七宝人参の詳細についてはこちらで詳しく書かれていますので参考にしてください。http://xn--eckva6cc1npa4b.tokyo/sup/shipponinjin.html

七宝人参


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です